CHINU-FREEK 2ndSeason

チヌフリーク セカンドシーズン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

7月29日(金)「台風一過と大暑の夕べ」

 前回の釣行から復活したかと思いきや、その数日後位から、ここ1年くらい反抗期であまり口もきかなかった長男が妙になついてきた。それに触発されたように次男もなついてきた。

 母親を亡くし色々悩んでいたのは知っていたがあえて見守っていた。少しではあるが家族の絆を取り戻した瞬間だった。

 約1年ぶりくらいの息子たちの笑顔が嬉しくて、釣りを忘れ(たわけじゃないけど…)親子3人の時間を過ごした。

 そして前々から海水浴に行こうと約束していた子供たちが夏休みに入った7月22日。
福岡の芥屋大門へいくことにした。
 福岡はそれたものの前日大きな台風が通りすぎ、少し影響を残し明方までの雨がアスファルトを湿らせ、空には薄雲が垂れ込め少し肌寒い。。。

 「どげんするや、いくや?」と私。

「あたりまえやん」と二人声をそろえ満面の笑みで答える息子たち。


強行突破です(笑)

予報では晴れると言っていたが、到着してもまだ曇っている。
構わず海へ飛び込む息子たち。しかし海の冷たさに奇声を上げていた。
yoshi.jpg  tadasi.jpg

 寒さのあまりわずか1時間半で撤収。しかし帰りの車中では夏特有の暴力的な陽射しに変わっていた。まぁなんのかんの言っても楽しかったのでいいか(笑)


 7月28日長男がバイクの免許を取るため島根へ行った。10日間の合宿だ。

 暇そうな次男。可哀想だからどこかに連れていこうと思っていたが、悲しいかな受験生。塾がみっちりある。
うーん(-_-;)

 そうだ(゚∀゚)夜釣りにすればいい。俺も楽しいし。  いや受験生だって。。。

 息子の塾が終わるのは午後10時、準備を整えて、息子の帰りを待つ大暑の夜。

「土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)」

地面からは陽炎が立ち上がり、土いきれで吸う息も熱く感じられるこの時期。
昼間に釣りに行くのは勇気がいります。




と・・・いうことで、夏の夜釣りは高浜です。


息子にはサビキ・・・のつもりだったが、あれ?サビキの道具忘れた(笑)
持ってきたのは、竿とリールだけ。


困った。まぁいいか。「お前もチヌ釣れ」といってサビキ竿にチヌの仕掛けをセット。

 やるからには釣らないかん。と初めてチヌ釣りをする息子でも出来るよう少し重めの仕掛けで、丁寧に底をとり、エサの付け方、仕掛けの入れ方、流し方をレクチャー。「マキエはお父さんが撒いちゃる」

 すぐに私も準備して釣り開始です。
時間は既に11時半。。。なんとも遅いスタートだ。

 潮は速すぎず、遅すぎず緩やかに左から沖へ向かって理想的に流れている。
これはいいぞ。続けば1~2時間すれば連荘モードになるはず。

 最初に竿を曲げたのはアジ。息子と同時だった。嬉しそうな息子。

「もって帰って喰う」と言うのでキープ。

 ほんの少し潮が弛んだ時、明らかに反応がでた。「居るな・・・」
 もう一度丁寧に送り込む、すーっと、その緑色に光る頭を沈めていくウキ。

 ひ・さ・び・さ・に  もろたー

 上がってきたのは42cm。なかなかのサイズだが満足できない。一瞬ぶりあげようかと思ったぐらいだ。

 まだいるな...と手返しをしてたら、息子がてーへんだーと騒いでいる。ラインがグチャグチャになっている。
あー、ありがちなトラブルだがなかなか厄介なことになっていた。

 とりあえず仕掛けは入れたまま竿を置き、ラインの修復をするが、自分のウキが気になってしょうがない。
それだけ、雰囲気がいいのだ。

 案の定、ウキが入った。慌てて竿を手に取りアワセ。ガツンと手応え。今度はよく引く。これは大台いったか?と思うほどの強烈な引きだったが、46cm

 チヌをストリンガーにかけ、中断していた息子のライントラブル解消へ、しかし暗いしどうしようもなくなり切って仕掛けを張り直した。

 そんなことをしていたら、潮が変わってしまった。。。
 逆方向にはなったが悪くはない。今度は息子のほうがいい位置取りだ。

 仕掛けを入れるポイントを代えさせ、丁寧にマキエ打つ。私のウキとほぼ並んで流していく。
 すると、息子のウキに明らかに反応がでた。ん・・「見とけ、ウキが入るぞ」

 案の定ゆっくりと潜行。ウキが完全に見えなくなるまで我慢させ「合わせろ」

 グーンと弧を描くサビキ竿(笑)
磯竿と違うし何より安物の竿だ。アドバイスしながら慎重にやりとりをさせる。膝を使って無理のないやりとり。なかなかやりおる(笑)

 丁寧にタモに入れたチヌは41.5cm。
初めてつったチヌがこのサイズ。満面の笑の息子tadasi_chinu.jpg

 嬉しくて眠気も吹き飛んだようだ。
 時間も既に午前3時をまわっていたし、ここで納竿。
20110729chinu.jpg


 帰って捌いて、風呂入って一杯引っ掛けたら夜が明けていた(笑)







行く雲をねてゐてみるや夏座敷
               志太野坡(しだやば)



ランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村






  1. 2011/08/01(月) 00:39:59|
  2. 釣行紀
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

4月28日(土)「海への思い」

 ずいぶんと色々なことがあった。
私の人生においてこれほどの衝撃は過去にもなく、おそらく未来にも起こりえないだろう。。。





 けっして海を忘れた訳じゃないし釣りを辞めたつもりもないけれど、海に行くのが怖かった。一人で海に対峙するのが怖かった。

 昨年の出来事からようやく日常を取り戻し、華やいだ季節になってくると海への想いも甦ってきた。
しかし、一歩を踏み出せない。。。
そんな葛藤を繰り返していました。


 何度も流委を誘いますがスケジュールが合わない。

 このままでは俺が俺でなくなってしまう。前に進もう。。。
 意を決して一人大いなる海へ向かうことにしました。


 せっかくの再スタート。プチ遠征することにしました。

 佐賀県唐津市呼子
 イカが名産で、美しい海を有するのどかな町だ。
呼子大橋を渡り、その橋の下にある筏でやってみることにします。


 東日本大震災で海の驚異に呑まれ無念を残した方々のことを想い、海に黙祷し献花を捧げる。



さあ、俺の第二の人生だ。。。

蒼空の下に広がる広大な海
「帰ってきた・・・」そんな想いと自分の中に隠してきた哀しみが入り交じり、やっぱり涙が溢れてきました。



海の中もすっかり春めいた様子で、小アジが掛かってくる。

結局、30㎝位のを一枚あげただけでしたが、来て良かった。。。


海は厳しく優しい。
すべての想いを溶け出させてくれる。






私は海が大好きだ。。。





にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村




テーマ:チヌ釣り - ジャンル:日記

  1. 2011/05/03(火) 00:09:15|
  2. 釣行紀
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

7/27

あ~あああ~

こんにちは流委です!



ネタはあるけど
更新が間に合わねぇ!

そうなんです、ブログ更新間に合ってねぇw

と言うわけで
まだ7月のネタ(すいませんw

やっちぃさんと共に
門司の太刀浦を荒らしつつ

毎年 夏の夜釣りで好調な
高浜港に出撃です!

やっちぃさんの4枚という好釣果を聞きつけ
流委も早速出撃・・・
1枚上げます。

100727_002749.jpg

元気なキビレちゃん。
普通のチヌよりキビレの方が美味しい様な気がするのは流委だけ?


調子に乗った流委。

後輩のT君を連れて
高浜港の夜に再出撃!


100825_0133431.jpg


写真は8月後半の流委。
40cmクラスの夜チヌ達が乱舞します。

このときは本虫とオキアミで釣りました。


そろそろ50cmクラスを釣りたいです。
足繁く通ってるんですけど
中々釣れてくれませんねw



そういえばアテンダーまだ直らないなぁ
しばらくレセプターRに頑張ってもらいます。

ていうかレセプターRでもキチンとやりとりすれば
50cmイケるんじゃないだろうか?
もしかしてアテンダーいらないんじゃ・・・


あ、そういえば話は変わりますが

携帯釣りサイト「釣りパラ」で
関門周辺のチヌの釣果画像をUPしている
ハンドルネーム「流委」は私です。

釣りパラでも見かけたら
コメ入れてやってくださいw





ランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


  1. 2010/09/15(水) 03:53:55|
  2. 釣行紀
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・浮気

久々に文章を書いてたら
とても眠くて、「保存」ボタン押してしまった。

今日見たら
中途半端なブログがアップされていましたw


大変失礼しました^^;

さて先日の続き。


萬坊の海中レストランの窓から
海の中を見ていたんですけど


ふと大きな魚が見えます。

流委「あれ?チヌが泳いでる・・・」

40cmくらいでしょうか
チヌが窓のすぐ近くを泳いでいます。

そのチヌは


真下を向きながら


なんと


縦に泳いでいるのです。


いやぁ
フツーなら横向いてると思うんですけどね。



キッカリ真下を向いて
ホバリングするかのように体制を維持していました。


レストランは海に浮いているわけですから
タナとしては表層に近いはず。


チヌが必ずしも底にいるわけではないという事実を
目の当たりにしてしまいました。


その後、息子と二人でイカ料理を堪能し
車で少し休んで帰路につきました。



釣った魚は ほとんど唐揚げにして喰らいました。
クロの唐揚げ、意外と美味ですw



あ、アテンダー修理ださないと・・・・

  1. 2010/09/12(日) 03:55:29|
  2. 釣行紀
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浮気

お久しぶりです、流委です。



先日、門司でやっちぃさんに聞いたお話。


釣り場で知り合ったおじさんが
偶然、チヌフリークの読者様だったみたいで

おじさん「そういえば、最近流委さんは元気ですか?」

と聞かれたそうです。


おじさん、流委は元気ですよ
記事は全然書いてないですけど><;


このブログ意外と見られてるんだなぁ~と実感しました。


さて、タイトルの「浮気」について

先月 8/4の事ですが
9歳になる息子を連れて、佐賀の「呼子」に遠征しました。


目的は2つ。
イカを食べる事と 釣りを楽しむ事。

いや、萬坊のCM見てたら久々に行きたくなったんですw


深夜2時 呼子大橋の下に到着。

萬坊の海中レストランを確認しつつ
大橋を渡って、イカダに乗る予定です。

朝5時ごろからイカダで釣り開始。
それまで車中でグッスリ寝よう。

と思ったんですが、初めての遠征&イカダに
息子が大興奮で あまり寝れませんでした^^;


今にも朝日が上りそうな5時半
海水の透明度の高さに さらにハイテンションになる息子。

お父さんもテンションが上がってきましたw

イカダから底まで8Mほど。

流委はフツーにチヌ用のウキフカセの仕掛け5Bをセット。

息子にはサビキの仕掛けを与えて遊ばせます。

周りを見ると次第に常連さんがチラホラ集まってきました。

さて、どうなるだろう
オキアミをつけて第一投。
しかしエサが底まで持たないみたいです。

となりで息子のサビキには多数のエサ取り達が群がっており
様々な雑魚を釣り上げている様子。。

これは、フツーに釣るのはムリか?

よく見ると 周りの常連さんは全員「ダンゴ」釣りです。
そらそうだ。イカダ・凪・ドン深・エサトリ。と、ここまで条件が揃ったら
ダンゴが鉄板だよねぇ・・・

こちらも早速、通常の撒き餌に集魚剤を加えてダンゴ作りにかかります。
んで一投。 ウキがダンゴの重みで沈む。。。。
ダンゴが割れてウキが浮き上がる。。。
スパっとウキが消しこむ!

「もらたー!」とアワセ

その瞬間


バキッ!!!!



「あ・・あてんだーが・・・」

なんと穂先にラインが絡まっていたようで
アテンダー君の一番が10cmも折れてしまった。

しかし、せっかくの遠征ですから凹んではいられない。
修理は難しいと判断してアテンダーをしまいこみ
予備のレセプターを取り出す。


ダンゴ釣りに切り替えて数分後。

すぐに大きなアタリを捕らえる。
あまり引かない。。。。重みもない。。。

上がってきたのは足の裏のクロだった。

そこからクロ連発。

てか なんで底にクロがいるの?
なぜダンゴに群がって、というかダンゴに突っ込んでくるの?
えっ ていうか周りの人もみんなクロ釣ってるし。。

そうなんです。呼子のイカダダンゴは
底でクロが爆釣する海だったのです。

昼になる頃には
かなりの量のクロが釣れていました。

息子のバッカンを覗いてみると
コッパクロ、アジコ、スズメダイ、カワハギなど
様々な小物がわんさと釣れていて 本人は大満足の様子。

流委は、チヌを釣りたかったのですが
北九州ではありえないクロの爆釣にハマってしまい
思わぬところで浮気することになってしまいました。


穂先の折れたアテンダーは無念ですが
とりあえず片付けを済ませて
お楽しみの昼食に出かけます。


萬坊の海中レストラン内で
イカのコースを二人分頼む。

座敷の窓から海中が見える事に
息子ハイテンション。
  1. 2010/09/10(金) 06:09:31|
  2. 釣行紀
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

Twitter(ツイッター)

MyAlbum

プロフィール

CHINU-FREEKER

Author:CHINU-FREEKER
関門海峡をHGにフカセ、紀州釣りで年中チヌを追いかけてます。

最近のコメント

管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

縁あって・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。