CHINU-FREEK 2ndSeason

チヌフリーク セカンドシーズン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

10月24日(水)「繋がり」

 早いものでこのブログを立ち上げてまもなく2年が経とうとしている。


 初めは、自分が過去を振り返る為の釣行記録として、独り言のように始めたものがいつのまにかコメントを頂いたり、メールを頂いたりと、意見や情報を交換できるようになった。


 もともと性格的にはマメなほうではあるが、大雑把さと几帳面さを併せ持つAB型の私には続かないだろうと自分でも思っていたが、続けていくうちにお話をさせていただく方が増え励みになった。


 そう言えば、パターンはちょっと違うけど五島のテンチョーなんかもネットがあったからこそ知り合えた。
 『商売』の中にあって、店と客の間柄ではあるが、私にとってはとてもとても大切な『友』である。


 今年の春、たまたまここを発見しコメントをくださった「らふたー」さん。http://uroko3969.blog54.fc2.com/
 私のHG、門司から海峡を挟んだ下関のちぬ師で、向かい合う形で同じ海に竿を出されているとの事でとても親近感を覚えました。メールでお話をさせていただくと苗字が同じということも発覚。より親しみも覚えていたのですが、今回、縁あって竿を並べさせていただくことに・・・


 「さてどこに行きましょうか?・・・」


 らふたーさんは、門司側にある「和布刈の一文字」に興味があるらしい。
 私もその陸側「ノーフォーク広場前の短波止」はよく行くが、貧乏釣り師の私は渡船代ケチる為、行ったことがありませんでした。


 今回はもちろん即答。早速、渡船の予約を入れます。



 AM5:00過ぎ頃
 辺りはまだ真っ暗。約束のノーフォーク駐車場の手前まで来た時、電話がなった。


 「関門トンネルで事故の為通行止めになってる」少し遅れそうだ、と、らふたーさん。
 それでも5時半には到着し、初めてお会いしがっちり握手を交わす。


 早速、渡船場へ向かい船に乗り込む。


渡船『久美丸』
kumimaru.jpg



 まだ夜が明けきれず薄暗い中、私とらふたーさんともう一人乗り込みます。
 渡船で渡るといっても、岸から50mほどしか離れていない一文字の防波堤ですから、湾内をノロノロ運行でも1分くらいで到着です(笑)


 まだ暗いのでとりあえず談笑しながら朝食をすませ、のんびりと準備をします。辺りが明るくなって釣り開始。


潮は西へ速く流れている為、「釣研ちぬの詩1号」に速く沈めるためタングステン水中08、ハリスの中段にG5のガンダマを打ちやや東方向、竿2本先に投入。棚は6ヒロスタートです。


 らふたーさんに仕掛けを聞くと、やはり関門釣り師、同じく1号ウキです。
ツケエは最初からとられ、足元にはチャリコが湧いているのが見える。


流れが速く1号のウキではアタリがろくに出ないままツケエだけがなくなります。


 1時間もすると潮がたるみはじめました。


 私は、アタリをウキに明確に出したいほうなので、浮力の小さいほうが好みです。仕掛けさえキチンと入るのであれば、G2ぐらいを使いたい。
もっとも関門でG2を使うことはかなりまれなケースですが・・・


 これ幸いと仕掛けを3Bに変更し道糸にB、ハリスにG5×2個段打ちにします。


 仕掛けを張り気味に流して積極的にアタリをとりにいくと、すぐに結果が出るから、やはり楽しい。


 チャリコ、フグを連発させながら、明らかに違う引きが伝わった。メイタのようですが、小さい。。。見た目25cm位かな


まぁ取り合えずよかった。。。はずだったが足元でバレタ。というか外れた(T_T)


 それからもしばらく、チャリコを連発しながら、流していくとまた掛かったがすぐにバレタ・・・


なんで??・・・頭の中はもうマークがいっぱいです。


  らふたーさんは、相変わらず1号ウキ。「チヌ以外のアタリはいらねーぜ」的な空気をかもし出している(笑)


 しかし、ほどなくしてふと隣を見るとらふたーさんの竿が曲がっている


弧を描く鱗海SP00号
rahutarsan.jpg


上がってきたのは40弱のチヌです。


「地獄ですか?」と聞くと「皮1枚です」と返ってきた。
やっとわかった!私が掛けたのもみんな掛かりが浅かったのだ。。。


あまり口を使ってこないな。。。
2号のチヌ鈎を使っていたが、ここで1号に変更。
しかし、潮がまたしても走り出した。再びウキを1号に戻し流していくが釣れない。。。


少しだれてきました。時々ウロウロしながららふたーさんとも談笑し、潮がたるむのを待ちます。


昼食をとり、のんびりチャリコやクロを掛けていると、また潮が緩んできた。


慌てて仕掛けを軽くし流すが喰ってこない。


「ん?そういえば・・・」潮はかなり下がってきてるのに全然棚を変えていませんでした。ウキ止めの位置を3.5ヒロにして再び流す。
すると答えはすぐに出た。


ウキがもぞもぞっと入り沈む。今度はしっかり喰わせようとウキが見えなくなるまでじっと待つ。そしてアワセ!、コクンコクンとチヌ独特の引きです。


しかし小さいなぁ~30あるかな~
またばれたら嫌なので、タモで丁寧に掬います。


 その後流れはまた走り出す。
 この日は、まったく関門の潮は手におえんなとあらためて思うほどよく変わった。


 結局、この一枚で竿をたたむことになった。


らふたーさんと私の釣果(でっかい方が、らふたーさんのチヌ)
chinutyouka.jpg



 またネットのおかげで、ブログを始めたことで知り合えた方と、こうして楽しい時間を過ごすことができる。人と人との繋がりの新しい形だと思う。
これからもこういう出会いを大切にしていきたい。

らふたーさん、またご一緒しましょうね。
rahutarsanto.jpg






最近息子が「今日釣れた?」聞いてくれなくなりました。
ランキングにご協力を・・・
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ



スポンサーサイト
  1. 2007/10/30(火) 22:10:53|
  2. 釣行紀
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<10月25日(木)「見つめるだけの海」 | ホーム | 10月16~17日五島列島遠征記「感謝」>>

コメント

お疲れです。

いや~2人の記念写真まで公開しているなんて・・・(汗)

11月は7日に矢沢休暇の為、平日有給作戦は無理ですが・・・
今度は寒チヌ狙いで行きましょ~♪(笑)
  1. 2007/11/01(木) 20:44:15 |
  2. URL |
  3. らふたー #-
  4. [ 編集]

>らふたーさん
私も11月から土日休みに戻ります。
しかしながら10月に遊びすぎたつけでほぼ土曜日は出勤です(TT)
また、暇があるときは遊んでくださいませ(笑)
  1. 2007/11/01(木) 23:29:35 |
  2. URL |
  3. やっちい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yachyjan.blog52.fc2.com/tb.php/87-c16c4cdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter(ツイッター)

MyAlbum

プロフィール

CHINU-FREEKER

Author:CHINU-FREEKER
関門海峡をHGにフカセ、紀州釣りで年中チヌを追いかけてます。

最近のコメント

管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

縁あって・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。