FC2ブログ

CHINU-FREEK 2ndSeason

チヌフリーク セカンドシーズン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

8月20日「何もいない?」

 台風が過ぎ去ったあとの日曜日、今日は子供たちの試合の日ですが、当番ではないので釣りに行けます。

 しかしながら家内が4年前に入院していた時、同室だった方々と「癌友の同窓会」で小倉へ食事に出かけると言いますし(笑)帰りは迎えにきて欲しいとのことですから、会場に程近い前回も行った小倉砂津港に決めます。

 前回は小さいサイズながらも爆釣でしたので、魚影は濃いはず。その中で型がいいのを拾えれば儲けもんだろう。とのかんがえです。

 さて、今日は砂を採取してませんでしたので、釣具店オリジナルのウエット団子を使います。
 このウエット団子。水分も程よく握りやすいのですが、サナギが丸々入っているのはどうにかして欲しいな。。。

 ともあれ、結構がちがちに握れますし、集魚も良いし何より楽ってことで選びました。昨年初めて紀州釣りに挑戦したときに使ったのがこのウエット団子です。

 さて、先行の団子師の方に挨拶をして状況を聞くと、「今日は厳しいぞ、まったくあたりがない。今から下げに入ったらいいかもしれんが。。。」と言います。

 それならば、と潮通しの良い波止の先端に陣取ります。

 しかし・・・
 まったくあたりがないまま時間だけが過ぎていきます。。。
 団子も10分以上割れない。。。魚がいないのかどうかは、わかりませんが、団子に触ってないと言う状況です。

「ほんとにこの前と同じ海か?」と思うような状況です。

 この喰いがシブイ状況で口を使わせるにはどうしたらいいんだろう?
今日はアミエビも何も持ってませんので、団子材でどうのこうのというわけにも行きません。

 沖に払い出す潮を見極めながらひたすら握って投げ入れます。。。


・・・結局、小平家を数枚釣っただけで、家内を迎えに行く時間です。

はぁ~・・・

 昨日までの大雨でかなり水温も下がっていたのでしょう、ここは10m以上水深のある場所です。逆に浮いてたのかも知れませんし、ポイントが変わっていたのでしょう。
 こんなことは、最初に分かってなきゃいけないのですが・・・
 
 しかし、ただ単に場所が悪かった、団子じゃ無理だったてことだろうか?
こんな時どうしたらいいんだろう?さまざまな悪条件の中でもここで結果を出さなければならない時・・・

 「引出しが少ないし、小さいな、俺・・・」

 まだ残暑の日差しが厳しく、熱く熱せられたコンクリートの釣り座を後にし、トボトボ歩いて車へ戻りました。。。

スポンサーサイト

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/08/24(木) 12:16:41|
  2. 釣行紀
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<8月26日(土)「雷と5.25mショック」 | ホーム | 8月16日(水)「空飛ぶチヌ」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yachyjan.blog52.fc2.com/tb.php/46-b4b8f91e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter(ツイッター)

MyAlbum

プロフィール

CHINU-FREEKER

Author:CHINU-FREEKER
関門海峡をHGにフカセ、紀州釣りで年中チヌを追いかけてます。

最近のコメント

管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

縁あって・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。