CHINU-FREEK 2ndSeason

チヌフリーク セカンドシーズン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

5月20日(木)「三度目の正直」

 なんだかこの頃忙しい。いや、私らしくないので笑われるかもしれないが仕事が・・・だ。

 GWが明けてもバタバタしていて休みを潰しフル出勤。しかも残業しまくって帰りは毎日御前様だ。
ここ最近睡眠時間は毎日4~5時間になっていた。

 そんな毎日もようやく落ち着き、遅ればせながら18日から4連休を頂ける事になった。


しかし・・・4日間全部雨の予報。。。



なんでやねん!
と思わず関西弁で突っ込んでしまった。 いや、関西に住んだことないけど(笑)

はぶてて、昼まで寝ていた連休初日。ぼ~としながら外を見ると。。。





晴れてるし・・・


なんでやねん!(笑)


 会社からの電話で翌日だけはまた出勤。
4連休は儚く消えたがどうせ雨だし、もうどうでもいいやと投げやりな気分でダラダラ仕事をこなす水曜日の午前中。

念のため天気予報を確認すると回復傾向となっている。
急にテンションが上がり、意地でも明日は休むぞと鬼の形相で仕事をこなすと定時前に全部片がついた。
やればできるじゃん、俺・・・(笑)


西風が強いようなので、今回も若松「安瀬の地磯」に行く事にします。

 しかし、意気揚揚と家を出たものの、若戸大橋の手前で大渋滞。いくら待っても前に進まない。。。
こらえ性のない私は左折の信号を待てずに、つい右折(テヘッ)
仕方ないので門司方面へと車を走らせます。頭の中はどこに行こうかとフル回転です。

「そういえば太刀の浦にはずいぶん行ってない。あそこは東向きのはずだ」と思いつき車を走らせます。

到着してみるとイカ釣りの方が1人だけ。
ここは人気スポットですので土日はいつも人が多いので行かなくなったのでした。

「やっぱり平日っていいなぁ」


ここは関門の最も潮が速い場所に面しているのですが、大きな港内にある波止ですので、その潮流にあまり影響されない場所です。
100520tsuriza.jpg

 流れは緩いのですが水深が10m以上ある為、ウキは3Bをセット(もちろんちぬの詩)

1時間ほどするとそれまで当たってきていた潮が右にゆっくり流れ始めました。
丁寧にマキエを打ち仕掛けを送り込んでいくとウキが じわ~ っと入り浮いてくる。
3回ほど繰り返すと今度は水中でホバリング、そのままゆっくり潜行し道糸が動いた。

アワセ!ガツン。手応えからするとそこそこの型だ。これは水深の分を差し引いてもかなりの大物のようだ。

なかなか底から剥がれない。ゆっくりやり取りをしながら浮かせにかかる。中層まで浮かせた所で、横に走り出した。ヤバイと思った瞬間、アテンダーの穂先がはね上がった。。。

ケーソンに入られ壁でハリスをこすってしまったようです。


悔しさがこみ上げる。おそらく記録更新サイズだったはず。。。

だ~、なんでバラすかなぁ~。


こんなに悔しいのは、中学のとき友人に連れられて初めて雷魚釣りに行ってばらした時以来だ。

あの時の雷魚もデカかった。たぶん・・・
まさに『逃がした魚は大きい』の言葉どおりだ。



 ショックを引きずったまま手返しを続けますが、ばらした所為かあたりが遠のいてしまいました。
丁度昼時でもあったので食事をとり気分を変えて、潮流を読み狙いのポイント、仕掛けを確認します。


先程と同じようにウキが入りわずかに道糸も動いた。ゆっくりと道糸を張るとウキが潜行。

 もろたー!!

今度もそこそこのサイズのようだ、とやり取りしてたら、「パンッ」という音とともに高切れしてしまった。。。

・・・またやっちゃった
あわてて流れて行くウキを回収し、道糸をチェック。
そういえばこの道糸いつ巻いたんだっけ?と記憶にないぐらい前に変えたままでした。

う~、アホだ俺・・・



20mほど道糸を切り、急いで仕掛けを作り直し、手返しを始める。
満潮前の今がチャンスなはず。

マキエを多めに打ち込み、仕掛けを送り込む。


先程より5m程先のカケアガリに狙いを変えて手返しを続ける。
それから1時間程して、また反応がでた。オキアミの頭がつぶれている。

同じ流れをトレースすると、またしても同じようなアタリ。
ウキが入り道糸が動く。。。


こ・ん・ど・こ・そ・・・



もろたー

ぐーんと弧を描くアテンダー。
さっきよりは劣るが今度もデカイぞ。底から剥がしても何度もアテンダーを絞り込んでくれる。

 道糸は絶対に出さない!と決めていたが、2度のバラシのこともあるしハリスは1号なので若干不安。。。膝を使って耐えるが更に絞り込んでくる。さすがにやばかったので少しだけ道糸を送り込んで建て直しついに浮かせた。

タモ枠より(45cm)より大きい。。。

ジャスト50cm、体高、厚みもありまるまるとしたチヌでした。
100520chinu.jpg
ふぅ、やっと釣れた。
しかもゴーマル!



最初のバラシが悔やまれるものの満足の1日でした。






「神はつかの間の人生から、釣りに費やした時間を差し引いてはくれない。」
                                   バビロニアの諺
ランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. 2010/05/23(日) 00:15:40|
  2. 釣行紀
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<5月21日(金)「連荘」 | ホーム | 5月7日(金)「臭う季節?」>>

コメント

年無し、おめでとうv-354
仕事続きのモヤモヤも、これで少しは吹き飛んだねi-198v-221v-411
  1. 2010/05/23(日) 10:05:39 |
  2. URL |
  3. らふたー #-
  4. [ 編集]

>らふたーアニキ
はい、素直に嬉しいです。
人生2度目の年無しです。

でもね、人間って欲張りだなぁと思います。
だって、もっと大きいのくるんじゃないか?って
ネバってましたもん(笑)
  1. 2010/05/24(月) 00:48:31 |
  2. URL |
  3. やっちい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yachyjan.blog52.fc2.com/tb.php/154-3a4d2c5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter(ツイッター)

MyAlbum

プロフィール

CHINU-FREEKER

Author:CHINU-FREEKER
関門海峡をHGにフカセ、紀州釣りで年中チヌを追いかけてます。

最近のコメント

管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

縁あって・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。