CHINU-FREEK 2ndSeason

チヌフリーク セカンドシーズン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

7月29日(金)「台風一過と大暑の夕べ」

 前回の釣行から復活したかと思いきや、その数日後位から、ここ1年くらい反抗期であまり口もきかなかった長男が妙になついてきた。それに触発されたように次男もなついてきた。

 母親を亡くし色々悩んでいたのは知っていたがあえて見守っていた。少しではあるが家族の絆を取り戻した瞬間だった。

 約1年ぶりくらいの息子たちの笑顔が嬉しくて、釣りを忘れ(たわけじゃないけど…)親子3人の時間を過ごした。

 そして前々から海水浴に行こうと約束していた子供たちが夏休みに入った7月22日。
福岡の芥屋大門へいくことにした。
 福岡はそれたものの前日大きな台風が通りすぎ、少し影響を残し明方までの雨がアスファルトを湿らせ、空には薄雲が垂れ込め少し肌寒い。。。

 「どげんするや、いくや?」と私。

「あたりまえやん」と二人声をそろえ満面の笑みで答える息子たち。


強行突破です(笑)

予報では晴れると言っていたが、到着してもまだ曇っている。
構わず海へ飛び込む息子たち。しかし海の冷たさに奇声を上げていた。
yoshi.jpg  tadasi.jpg

 寒さのあまりわずか1時間半で撤収。しかし帰りの車中では夏特有の暴力的な陽射しに変わっていた。まぁなんのかんの言っても楽しかったのでいいか(笑)


 7月28日長男がバイクの免許を取るため島根へ行った。10日間の合宿だ。

 暇そうな次男。可哀想だからどこかに連れていこうと思っていたが、悲しいかな受験生。塾がみっちりある。
うーん(-_-;)

 そうだ(゚∀゚)夜釣りにすればいい。俺も楽しいし。  いや受験生だって。。。

 息子の塾が終わるのは午後10時、準備を整えて、息子の帰りを待つ大暑の夜。

「土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)」

地面からは陽炎が立ち上がり、土いきれで吸う息も熱く感じられるこの時期。
昼間に釣りに行くのは勇気がいります。




と・・・いうことで、夏の夜釣りは高浜です。


息子にはサビキ・・・のつもりだったが、あれ?サビキの道具忘れた(笑)
持ってきたのは、竿とリールだけ。


困った。まぁいいか。「お前もチヌ釣れ」といってサビキ竿にチヌの仕掛けをセット。

 やるからには釣らないかん。と初めてチヌ釣りをする息子でも出来るよう少し重めの仕掛けで、丁寧に底をとり、エサの付け方、仕掛けの入れ方、流し方をレクチャー。「マキエはお父さんが撒いちゃる」

 すぐに私も準備して釣り開始です。
時間は既に11時半。。。なんとも遅いスタートだ。

 潮は速すぎず、遅すぎず緩やかに左から沖へ向かって理想的に流れている。
これはいいぞ。続けば1~2時間すれば連荘モードになるはず。

 最初に竿を曲げたのはアジ。息子と同時だった。嬉しそうな息子。

「もって帰って喰う」と言うのでキープ。

 ほんの少し潮が弛んだ時、明らかに反応がでた。「居るな・・・」
 もう一度丁寧に送り込む、すーっと、その緑色に光る頭を沈めていくウキ。

 ひ・さ・び・さ・に  もろたー

 上がってきたのは42cm。なかなかのサイズだが満足できない。一瞬ぶりあげようかと思ったぐらいだ。

 まだいるな...と手返しをしてたら、息子がてーへんだーと騒いでいる。ラインがグチャグチャになっている。
あー、ありがちなトラブルだがなかなか厄介なことになっていた。

 とりあえず仕掛けは入れたまま竿を置き、ラインの修復をするが、自分のウキが気になってしょうがない。
それだけ、雰囲気がいいのだ。

 案の定、ウキが入った。慌てて竿を手に取りアワセ。ガツンと手応え。今度はよく引く。これは大台いったか?と思うほどの強烈な引きだったが、46cm

 チヌをストリンガーにかけ、中断していた息子のライントラブル解消へ、しかし暗いしどうしようもなくなり切って仕掛けを張り直した。

 そんなことをしていたら、潮が変わってしまった。。。
 逆方向にはなったが悪くはない。今度は息子のほうがいい位置取りだ。

 仕掛けを入れるポイントを代えさせ、丁寧にマキエ打つ。私のウキとほぼ並んで流していく。
 すると、息子のウキに明らかに反応がでた。ん・・「見とけ、ウキが入るぞ」

 案の定ゆっくりと潜行。ウキが完全に見えなくなるまで我慢させ「合わせろ」

 グーンと弧を描くサビキ竿(笑)
磯竿と違うし何より安物の竿だ。アドバイスしながら慎重にやりとりをさせる。膝を使って無理のないやりとり。なかなかやりおる(笑)

 丁寧にタモに入れたチヌは41.5cm。
初めてつったチヌがこのサイズ。満面の笑の息子tadasi_chinu.jpg

 嬉しくて眠気も吹き飛んだようだ。
 時間も既に午前3時をまわっていたし、ここで納竿。
20110729chinu.jpg


 帰って捌いて、風呂入って一杯引っ掛けたら夜が明けていた(笑)







行く雲をねてゐてみるや夏座敷
               志太野坡(しだやば)



ランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村






スポンサーサイト
  1. 2011/08/01(月) 00:39:59|
  2. 釣行紀
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Twitter(ツイッター)

MyAlbum

プロフィール

CHINU-FREEKER

Author:CHINU-FREEKER
関門海峡をHGにフカセ、紀州釣りで年中チヌを追いかけてます。

最近のコメント

管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

縁あって・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。