CHINU-FREEK 2ndSeason

チヌフリーク セカンドシーズン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

7/27

あ~あああ~

こんにちは流委です!



ネタはあるけど
更新が間に合わねぇ!

そうなんです、ブログ更新間に合ってねぇw

と言うわけで
まだ7月のネタ(すいませんw

やっちぃさんと共に
門司の太刀浦を荒らしつつ

毎年 夏の夜釣りで好調な
高浜港に出撃です!

やっちぃさんの4枚という好釣果を聞きつけ
流委も早速出撃・・・
1枚上げます。

100727_002749.jpg

元気なキビレちゃん。
普通のチヌよりキビレの方が美味しい様な気がするのは流委だけ?


調子に乗った流委。

後輩のT君を連れて
高浜港の夜に再出撃!


100825_0133431.jpg


写真は8月後半の流委。
40cmクラスの夜チヌ達が乱舞します。

このときは本虫とオキアミで釣りました。


そろそろ50cmクラスを釣りたいです。
足繁く通ってるんですけど
中々釣れてくれませんねw



そういえばアテンダーまだ直らないなぁ
しばらくレセプターRに頑張ってもらいます。

ていうかレセプターRでもキチンとやりとりすれば
50cmイケるんじゃないだろうか?
もしかしてアテンダーいらないんじゃ・・・


あ、そういえば話は変わりますが

携帯釣りサイト「釣りパラ」で
関門周辺のチヌの釣果画像をUPしている
ハンドルネーム「流委」は私です。

釣りパラでも見かけたら
コメ入れてやってくださいw





ランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
  1. 2010/09/15(水) 03:53:55|
  2. 釣行紀
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・浮気

久々に文章を書いてたら
とても眠くて、「保存」ボタン押してしまった。

今日見たら
中途半端なブログがアップされていましたw


大変失礼しました^^;

さて先日の続き。


萬坊の海中レストランの窓から
海の中を見ていたんですけど


ふと大きな魚が見えます。

流委「あれ?チヌが泳いでる・・・」

40cmくらいでしょうか
チヌが窓のすぐ近くを泳いでいます。

そのチヌは


真下を向きながら


なんと


縦に泳いでいるのです。


いやぁ
フツーなら横向いてると思うんですけどね。



キッカリ真下を向いて
ホバリングするかのように体制を維持していました。


レストランは海に浮いているわけですから
タナとしては表層に近いはず。


チヌが必ずしも底にいるわけではないという事実を
目の当たりにしてしまいました。


その後、息子と二人でイカ料理を堪能し
車で少し休んで帰路につきました。



釣った魚は ほとんど唐揚げにして喰らいました。
クロの唐揚げ、意外と美味ですw



あ、アテンダー修理ださないと・・・・

  1. 2010/09/12(日) 03:55:29|
  2. 釣行紀
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浮気

お久しぶりです、流委です。



先日、門司でやっちぃさんに聞いたお話。


釣り場で知り合ったおじさんが
偶然、チヌフリークの読者様だったみたいで

おじさん「そういえば、最近流委さんは元気ですか?」

と聞かれたそうです。


おじさん、流委は元気ですよ
記事は全然書いてないですけど><;


このブログ意外と見られてるんだなぁ~と実感しました。


さて、タイトルの「浮気」について

先月 8/4の事ですが
9歳になる息子を連れて、佐賀の「呼子」に遠征しました。


目的は2つ。
イカを食べる事と 釣りを楽しむ事。

いや、萬坊のCM見てたら久々に行きたくなったんですw


深夜2時 呼子大橋の下に到着。

萬坊の海中レストランを確認しつつ
大橋を渡って、イカダに乗る予定です。

朝5時ごろからイカダで釣り開始。
それまで車中でグッスリ寝よう。

と思ったんですが、初めての遠征&イカダに
息子が大興奮で あまり寝れませんでした^^;


今にも朝日が上りそうな5時半
海水の透明度の高さに さらにハイテンションになる息子。

お父さんもテンションが上がってきましたw

イカダから底まで8Mほど。

流委はフツーにチヌ用のウキフカセの仕掛け5Bをセット。

息子にはサビキの仕掛けを与えて遊ばせます。

周りを見ると次第に常連さんがチラホラ集まってきました。

さて、どうなるだろう
オキアミをつけて第一投。
しかしエサが底まで持たないみたいです。

となりで息子のサビキには多数のエサ取り達が群がっており
様々な雑魚を釣り上げている様子。。

これは、フツーに釣るのはムリか?

よく見ると 周りの常連さんは全員「ダンゴ」釣りです。
そらそうだ。イカダ・凪・ドン深・エサトリ。と、ここまで条件が揃ったら
ダンゴが鉄板だよねぇ・・・

こちらも早速、通常の撒き餌に集魚剤を加えてダンゴ作りにかかります。
んで一投。 ウキがダンゴの重みで沈む。。。。
ダンゴが割れてウキが浮き上がる。。。
スパっとウキが消しこむ!

「もらたー!」とアワセ

その瞬間


バキッ!!!!



「あ・・あてんだーが・・・」

なんと穂先にラインが絡まっていたようで
アテンダー君の一番が10cmも折れてしまった。

しかし、せっかくの遠征ですから凹んではいられない。
修理は難しいと判断してアテンダーをしまいこみ
予備のレセプターを取り出す。


ダンゴ釣りに切り替えて数分後。

すぐに大きなアタリを捕らえる。
あまり引かない。。。。重みもない。。。

上がってきたのは足の裏のクロだった。

そこからクロ連発。

てか なんで底にクロがいるの?
なぜダンゴに群がって、というかダンゴに突っ込んでくるの?
えっ ていうか周りの人もみんなクロ釣ってるし。。

そうなんです。呼子のイカダダンゴは
底でクロが爆釣する海だったのです。

昼になる頃には
かなりの量のクロが釣れていました。

息子のバッカンを覗いてみると
コッパクロ、アジコ、スズメダイ、カワハギなど
様々な小物がわんさと釣れていて 本人は大満足の様子。

流委は、チヌを釣りたかったのですが
北九州ではありえないクロの爆釣にハマってしまい
思わぬところで浮気することになってしまいました。


穂先の折れたアテンダーは無念ですが
とりあえず片付けを済ませて
お楽しみの昼食に出かけます。


萬坊の海中レストラン内で
イカのコースを二人分頼む。

座敷の窓から海中が見える事に
息子ハイテンション。
  1. 2010/09/10(金) 06:09:31|
  2. 釣行紀
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Twitter(ツイッター)

MyAlbum

プロフィール

CHINU-FREEKER

Author:CHINU-FREEKER
関門海峡をHGにフカセ、紀州釣りで年中チヌを追いかけてます。

最近のコメント

管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

縁あって・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。