CHINU-FREEK 2ndSeason

チヌフリーク セカンドシーズン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1月18日(日)「アテンダー入魂」

こんにちは流委です。

先週は吹雪の中、砂滑(スナメリ)に遊ばれながらツライ釣行でした。
今週は気をとりなおして釣りに行こうと、やっちぃさんと計画を立てます。

が、中々お互いの意見がまとまらず

やっちぃ「もう高浜でいいやw」

うむw

行きたい場所に風とか潮とか考えてると
どうも選定が難しいのであります。

こういう時は深く考えすぎず、勢いで行くに限りまする。

やっちぃさんの用事が終り迎えに来てもらいます。
高浜港は波止の根元に釣座を構えました。
ここはやっちぃさんが40cmオーバーを上げた実績があります。


天気予報では雨となっていましたが
大降りになるでもなく また海の様子もイイ感じ。

「これは釣れるな」 心の中で気合を入れます。

11時開始 潮は西流れ やっちぃさんは流委の右に釣座を構えました。

アテンダー1号に2号ライン と ハリス1.2号 ハリ2号軽量チヌ
いつもは棒ウキ派の流委ですが、今日は買ったばかりの釣研ウキ「ちぬの詩」Bをセットします。

やっちぃさんの方向から潮が流れてくるので
西に30mほど流す、と攻撃範囲と決め手返しを繰り返します。

ツケエが少しかじられます
エサ取りは、活性こそ高くないけど個体数は少なくないと判断。

そのうち中層あたりに大きな黒い影が見えます。
どうやらコノシロの大群に着かれてしまったようです。

ツケエがかじられ ウキにスレアタリが多くなります。
やっちぃさんはエサ取りに負けじと手返しを繰り返しています。

二時間ほど手返しを続けますが それらしい気配もないので
一旦食事を取ることにしました。

いつものようにコンロを出し、お湯を沸かしカップ麺をたいらげます。
(冬の釣り場での暑い食事は 体力と集中力を大きく回復させてくれるので助かります)

やっちぃさんとしばらく談話しながら
第二ラウンド開始です。

マキエはボチボチ効いているはず。
満潮の潮止まりにあわせてさらにマキエを多めに投入します。

風が和らぎ潮が緩んできました。


ここで「遠矢チヌSP・400-8 3B」にウキを交換し
ガン玉3B+G2+G7を段打ちして浮力を限界に設定します。

わずかに東流れに変わりました。
流委の居場所からやっちぃさんのいる右側に流れ始めます。

ツケエが残り始めました。

流委とやっちぃさんの間に小さめですが沈み瀬があります。

そこを狙って棚を微調整します。
仕掛けが馴染み、沈み瀬にハリがあたり ウキがナナメになります。

ウキの角度からして30~50cmほどの沈み瀬だと判断。

やっちぃ「ツケエが冷たい・・・底潮の水温がさがっているかも・・」

とつぶやきました。

狙いは沈み瀬の「奥」「手前」「根元」「上」「影」の5点です。
底潮の水温を鑑みて「上」に狙いを定めます。

タナを底から40cmほど上に設定し、ハリスのガン玉をそれぞれ下にずらします。

そして狙いを沈み瀬にあわせマキエを2M間隔で並列に打ち込み
同調時間を延ばす作戦にでました。



ほどなくして 遠矢ウキに前アタリが ツンッ とでます。

あえて誘いはかけず 二段引きを待ちます。

ソロリ・・・と音を立てないようにリールのベールをおこし
ラインを持っていた右手をハンドルにそえます。


一度目のアタリでチヌがツケエの周りをクルリと回り
パクン!と食い込んでくるところをいイメージします。



3秒後




スパッ!! とウキが消しこみ



同時に叫びます



「もらったぁぁぁぁあああああああああああ!!!!」


消しこんだ瞬間から1秒
ラインを弛ませていたので大きくアワセ


ガツンとアテンダーを持つ手元にショックが伝わります。

やっちぃ「おお!やったか!デカイな40こえとる!」

たしかに竿は弓反りでガツンガツンと首を振る衝撃が走っています。

しかし、引きは強いけど 重量がない・・・

間違いなくチヌの引きなのですが重さを感じません。

やっちぃ「そりゃアテンダーやけんww」 と横で笑っていますww

とりあえず暴れるチヌを左右にいなしつつ
リールを巻き上げます。 が、やはり軽い・・これがアテンダーの感触なのか・・?


ほどなくして銀鱗が海面に姿を現します。
40いったかどうかというところでしょうか
なかなかに暴れるので魚体の大きさがイマイチつかめない。

海面近くで焦ったのかチヌが大暴れしようとします。
玉網はまだ入れません。

膝を使って首振りの衝撃をかわしながら
強引にこちらを向かせ 空気を吸わせます。

おとなしくなった所で玉網を手に取り素早く掬い上げます。


あがってきたのは色白でキレイな36cmのチヌ
ああ~やっぱ40いってなかったかぁ 軽かったからなぁ・・w


090118ryuuichinu.jpg


たとえ何cmであろうとチヌはチヌ
しかも厳寒期の寒チヌです さぞかし美味かろうw

まだいるはず、とかけたチヌをストリンガーにかけ
二人して釣りを再開します。


しかし、その一尾でアタリは遠のき
時間が来たので納竿となりました。

後から聞くと やっちぃさんも流委と全く同じ作戦で
沈み瀬を同じように狙っていたそうでした。

残念ながらやっちぃさんはボ・・・でした
今回は少しだけ流委に運があったようです。

しかし50cmのチヌにはまだ程遠い・・w


釣ったチヌはお刺身にして
頭は味噌汁に、アラは煮付けて美味しく頂きました。

てか、寒チヌの刺身。

噛み切れないほど締まっていて
脂がすごいのってる!甘みがハンパねぇ!


お刺身をほおばりながら
芋焼酎を喉に流し込みます・・・

サイコーに美味い!


子供たちは味噌汁とアラ炊きにむさぼりついていましたww

とにもかくにも
三度目にしてようやくアテンダーに入魂することが出来て
大満足な釣行でした^^


つぎもがんばるぞぉ!!
ランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ





スポンサーサイト
  1. 2009/01/20(火) 02:21:12|
  2. 釣行紀
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

1月12日(祝)「修行僧」

 初釣りは流委が記事を書く予定でしたが暇が無いみたいなので、いつものごとくワタクシ「やっちい」Presentsでございます(笑)

 例年に違わず呑み続け、釣りに行く暇などなかった正月。
 瞬く間に休みも終わり、つまらない日常(仕事)に戻ったのが1月4日。

 完全に休みボケで、社会復帰には時間がかかる。
 数日が過ぎ、また3連休「こりゃ~なおらんな(笑)」

 しかし浮かれていたら、連休の空は荒れ模様でしかも冷え込むようだ。
 息子の野球で新年の挨拶やら、神社へ必勝祈願に行ったりと何かと忙しいので、釣行は連休最終日のみです。

 前日の天気予報では、曇り時々雪 西の風10m。。。
 行き場を失い意欲を殺がれますが、初釣り&流委のアテンダーの入魂もかかっていますので、どうにかしようと考えた挙句選んだ釣り場は【部崎の波止】ここなら完全東向き、背中から風を受けるから何とかなるだろうと二人で意気揚揚と出かけます。

 海の様子はここ数日の荒れた天気のせいか、かなり濁りが入っている。そして予想通り背中から強風を受けます。さらに吹雪。
 しっかり着込んではいたけれど、手がちべたい(泣)なにせ指先は裸だからね。

 背中から吹き付ける強風と吹雪に顔を強張らせながらも、手返しを続けるとフグがかかって来ます。
釣り納めの時からすると、エサトリの活性もずいぶん落ちていますので歓迎すべき相手です。

 しばらくツケエサを取られ続けていると、沖のほうで何か動いた。

 ?・・・

 10mほどずれた所でもう一度何か浮いてきた。するとプシュ~って潮を噴いた。
そうヤツです。久々に見ました。



 そう、ヤツこそあのにっくき スナメリ・・・
かわいい顔してんだけどな~。

 それからアタリはピタッっと止まり。ツケエサはそのままの状態で返ってくる。

 強烈な風と寒さに耐えながら、まるで修行僧のような我慢の釣りが続きます。
 
「あぁ神様、これは何かの罰ですか?」


 そう思った矢先、ヤツは一直線にこっちへ向かってきた。そして5mほど近くまで来て顔を出し、微笑み、そして去っていった。。。





 もうね、心が折れました。。。



 はい、ボ・・です。二人揃って。
 あぁ~、寒かった。。。







 
 一番シアワセだった瞬間は、流委が用意したコンロで湯を沸かしてカップ麺を喰った時でした。
今年もランキングにご協力をお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ








  1. 2009/01/18(日) 00:57:14|
  2. 釣行紀
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

1月2日 ~流委・ご挨拶~

はじめまして

毎度ボ・・・でお馴染みの
釣友K君こと 流委と申します。

管理人であるやっちぃさんと共に
CHINU-FREEKを運営していくことになりました。


まずは簡単に自己紹介をしておきますね

名前:流委(リューイ)
年齢:33
職業:自営業
趣味:釣り 将棋 
釣暦:15年くらい?ちぬ暦6年くらいです
釣果:自己記録 ちぬ46cm
好きな言葉:ジークジオン!!(うそw


名前はもちろんハンドルネームですが
由来は「流れに委ねて釣る」という意味を込めてるとか込めてないとか。。。w


やっちぃさんより一年ほど早く チヌ釣りに目覚めましたが
気づけば知識・経験・釣果など どれをとっても
全てやっちぃさんに抜かれてしまった今日この頃です・・^^;


チヌを釣りたいと思ってから
半年間・・・・・なんとメイタ1枚すら釣れませんでした。


半年後・・・
初めて釣ったチヌは25cm程度のロリータでした。
当時の自分にとってはそれでも嬉しかったのですがw

しかも、その時は身内での釣り大会みたいな集まりで
流委の25cmが最大という事で優勝してしまいました。。。(はずかしww


その三日後 知り合いがチヌ釣りを始めたいと言うので
「チヌは難しいよ!オレなんか半年も釣れなかったんだから」
とエラソーに講釈をたれながら基本を教えると

彼はその場で30cmを超えるチヌを見事に釣り上げてしまい
流委は三日チャンピオンと呼ばれるようになりました(ぉぃ!


あれから六年

ようやく念願の40cmを超えることができ
今年は50cm台に・・・・という新たな目標ができました。

やっちぃさんは52cmを釣っているので
50cm後半を狙っていると思います。(もしかして60cm台かぃ?w
流委も負けじと頑張りマスよ~


わたし達にとって
今年が沢山釣れるいい年でありますように


皆様にとって
今年がいい年でありますように!


それでは
今年も「CHINU-FREEK 2nd」をよろしくお願い致しますm(_ _)m




PS:ぁ、折れたレセプターの代わりに アテンダー1-53を手に入れましたよ
   これで大物を釣っちゃるぅぅぅうう

ランキングにご協力をお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ




  1. 2009/01/02(金) 04:36:48|
  2. 戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

2nd Season

新年 明けましておめでとうございます。 
 本年より「CHINU-FREEK」は「2nd Season」として新たにスタートさせて頂きます。

 今まではほとんどが単独釣行で、その当時はあまり意識しませんでしたが、今にして思えば、ちぬ釣りにのめり込むにつれて同じ趣味を持つ人と話がしたいという思いもあってこのブログを立ち上げたのかなと考えています。

 前職からの同僚で、私より1年早くちぬ釣りを始めた「流委」が、仕事に余裕が出てきた事もあり、ほぼ毎週のように同行できるようになりました。

 せっかくの休日、せっかくの釣り、せっかくの海、一人より気の合う仲間と過ごした方が楽しいに決まっている。

 お陰で昨年は、たとえ貧果でも、ボ・・でも充実した釣行が多く、本当に楽しかった。
 

 先述から「せっかくの・・・」を繰り返しました。せっかく立ち上げたブログ、より多くの楽しみを綴りたい。そんな想いから流委に話を持ちかけ、2人でこのブログを運営していく事にしました。

流委からのご挨拶は追ってUP致しますが、このブログをご覧の同じ楽しみを持つ皆様、本年も変わらぬお付き合いの程宜しくお願い致します。


                                         平成21年 元旦  やっちい


ランキングにご協力をお願い致します。
 にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ


  1. 2009/01/01(木) 00:00:00|
  2. 戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

Twitter(ツイッター)

MyAlbum

プロフィール

CHINU-FREEKER

Author:CHINU-FREEKER
関門海峡をHGにフカセ、紀州釣りで年中チヌを追いかけてます。

最近のコメント

管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

縁あって・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。