CHINU-FREEK 2ndSeason

チヌフリーク セカンドシーズン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

7月18日(金)「海に映える華と月」

 私の生まれ故郷であり、現在勤務している会社のある博多の町は、博多祇園山笠を終え本格的な夏が訪れた。
 クライマックスである追山を待ちわびたように、一斉にクマゼミが騒ぎ暑さに拍車をかける。

 この春から営業職に戻り外に出る機会が多くなり、うだるような暑さ、手をかけば泳げるような湿度の中と地球温暖化を真剣に考えず、冷やしすぎた事務所の中を行き来し夏バテを前倒し中。。。
皆クールビズの目的を理解してないんじゃないかな。

 3連休の前日、いつものように釣行計画で頭がいっぱい。
息子の野球もあるし月曜日ぐらいしかいけないかな?、行けても朝は9時過ぎ。
 そんなことを考えながらの仕事中、1本の取引先からの電話で夕方八幡へ行く事になりました。
また会社に帰るのも面倒なのでこの日はそのまま直帰する事にします。

 仕事を終え、18時前には帰宅。
 野球中継を観ようとパソコンを立ち上げると東北は雨、ホークス対イーグルス戦は中止。

 せっかく早く帰ったのにやることがなくなってしまいました。
しかたないのでインターネットで釣り関係のブログを見ていて、ふと夜釣りに行こうと思い立った(笑)

 本来夜釣りはあまり好きではありません。怖いし暗くて見えないし、
けれども早くも夏ばて気味ということもあり、乱暴に降り注ぐ陽射しの中に出るのには少々勇気がいりますので、夕涼みがてら丁度いい、どうせ寝苦しい夜だし。

 早速準備をして家を出たのが19時半。空はまだ明るさを残している。

 何度も言いますが、私は怖がりなので真っ暗で静かな波止や、ましてや地磯などで夜釣りなどとんでもないので道路際で明るく、車も横付けできる高浜食肉センター前を目指します。

 準備をしていると戸畑方面で花火が見える。そうか、今日は若戸の花火大会だった。考えてみれば子供たちも明日から夏休みだ。

 遠くに小さく見える花火が水面に映り結構綺麗だ。のんびりと準備を済ませると花火も終わり、今度はやさしい月の明かりが代わりに映りこみ結構明るい。潮は緩やかに流れ、釣れそうな雰囲気ムンムン(笑)
0718yakei.jpg

 仕掛けは釣研の高園ウキ3Bに昼夜アダプターを付け管付きにしケミホタル25をトップにはめます。

 ここは本来遠投のポイントです。竿3本ほど先まで5mおきぐらいにカケアガリになっておりその先がフラットな砂地でそこがポイントになります。
しかしあまり遠投すると暗くて見えない分道糸の修正が困難になるため竿2本先の敷石のカケアガリをポイントに設定しその壁を釣る事にします。

 夜釣りはエサトリが少ない分マキエを1点へ集中させる事が出来ますので、仕掛けの投入点、マキエの投入点、掛ける場所を算段し少し多めにかためて撒く。

 開始から1時間ほど経った時、浮きが少し入る、そして浮いてくる。。。?棚を10cmほど引き上げ再度流すと今度は水中でホバリングします。思い切ってあわせるとガツッと一瞬根掛かりかと思うような手応え。しかしすぐにガンガンガンと首を振って走り出します。上がってきたのは42cm。
思ってたより小さかった。急流で育った関門のチヌはよく引くなぁ(笑)

 さて、良型が1枚出たところで気分良く手返しを続けます。まだ居るはず。。。


 そしてまたウキが入る、が・・・いつものようにばらした(TT)

 ばらしたせいもあると思うがまったくアタリがなくなった。

 それでも2時間ほど根気強く手返しを続けていると、またウキが入った。今度は慎重に道糸を張りしっかり食い込ませます。水面下10cmぐらいでホバリングしていたウキがケミホタルの緑色の光をくゆらせながらゆっくりと沈んで姿を消した。

 ここでおなじみの一言「もろたー!」と叫ぶ(笑)

 ビュォという音と共に竿を立てる、ガツッという手応え、今度も良型のようだ。
先程よりよほど突っ込みが激しい。やり取りの最中、これはひょっとしていったかな?と言う考えが浮かぶ。
ナニブン暗いので水面に浮いてきたチヌも良く見えない、何とかタモに納めサイズを計ると
52cmでした。
0718chinu52.jpg
年なしチヌちゃんげっちゅです(笑)

 結局その後もう一度ばらし、30分ほどでマキエが底を付き納竿。

時刻は午前2時をまわっていますが嬉しさで眠気は飛んでいます。
腸と鰓をうちそそくさ片付けて撤収。
0718tyouka.jpg


自宅に帰るとバッカンに水を入れ、魚は冷蔵庫へ放り込みそのまま缶ビールを取り出す。
バタバタと風呂に浸かり、冷えたビールをのどに流し込む。



あぁー、楽しかった(笑)

思い出し笑いを浮かべながら寝床についた。






翌朝、釣った魚を捌こうと庭で準備。あらためて明るい所で見たらでっかいなぁ(笑)
0718tyouka3.jpg
さすがに食べ応えがありました。
ランキングにご協力を・・・
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ








 


 
スポンサーサイト
  1. 2008/07/20(日) 13:23:19|
  2. 釣行紀
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

7月12日(日)「K君返り討ち」

 考えてみたら約2ヶ月ぶりの土日連休
本来ならば毎週なんだけど、何かと仕事を請けてどちらかだけになっていた。

 久々の連休と言う事もあり、土日どちらかなら行けるだろうとK君を誘いますが、あいにく家族サービスとのことでしたので、日曜日に一人でダンゴをしようと計画します。

 しかし金曜日の夜K君より電話。。。

K君 : 「明日どこ行こうか?(笑)」
私  : 「は?」
K君 : 「いやその代わり、昼までやけどカミさんに許してもらった(笑)」
私  : 「K君どうしても行きたかったのね(爆)」

 先週K君は一人で高浜に行って結構な型のチヌをバラシたらしくリベンジをしたいとのことで、高浜でフカセをすることにします。

 タイムリミットは正午とのことですので、朝4時半に迎えに来てもらいます。
途中釣具屋でエサを買い、釣りを始めたのは丁度6時頃でした。

 釣座は食肉センター前の根元付近。
 ここは潮が東に流れたときに反転流で沖に払い出していく潮が出れば数釣りが望めます。

 しかし、全くの逆向きです。
 まぁこればかりは仕方が無いので、いつものちぬの詩3Bをセットし、ウキ止めの位置は10mほどの設定で、15mほど先にポイントを決め仕掛けを流していきます。

 エサトリは足元に真っ茶色になるくらい湧いてますが沖は大したことなさそう。

 ツケエは多少かじられるもののしっかり底まで届いているようだ。潮が動けば雰囲気が出るかな?と思いながらの手返しです。

が・・・

 一向に変わらんやんけ怒る


 やっと変わったか?と思ったらやたらとゴミが集まってきて絡まるし・・・






 そんなこんなしてると、ビュオッ とK君アワセ!!

 そこそこの型か?と思った刹那、弧を描いていた竿はそのテンションを失った。。。

 ん~、残念。。。







 だんだん時間がなくなってきました。
 このままじゃらちがあかんと手返しを早くするためウキをちぬの詩5Bに変更します。

 潮は払い出すどころか当たってきているため、手前の浅棚にポイントを変更しマキエを一ヶ所へ先打ちしてその少し沖に仕掛けを投入します。

 ウキが入る。 アワセ! スカ!! これを2回繰り返す。
ちくしょう~、なんなんだ。。。

今度は道糸を持っていくまで待ってやる。

 すると全く同じ場所で同じようにウキが入る。

まだだ、まだ、まだ・・・・、






ぬぉおりゃゃゃ~
と無駄に大きくアワセ!(笑)

上がってきたのは超ロリータ
0712chinu.jpg
田舎チョキサイズだぜい(TT)

結局攻めきれずにそのままタイムアップ

K君はボラ2匹を見事に仕留めましたがチヌにはリベンジどころか返り討ちでした。


竿をたたんで片付けをしていると、潮が「いい感じ」なってきました。

「今頃かい」

超いい感じ になった海に後ろ髪を引かれながら高浜を後にした。







ちなみにK君はそのまま家族と川へバーベキューだそうです。
大変ね(笑)
ランキングにご協力を・・・
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
  1. 2008/07/12(土) 20:40:59|
  2. 釣行紀
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

7月6日(日)「盛上る海に蝉の声」

 先週までは「さすが梅雨」を実感できるほどよく雨が降っていた。

 息子の野球の送り迎えがある為まったく釣りにいけず、どんよりとした空を怨めしく眺める日々が続いていたが、今週は晴れそうだ(笑)

 しかし、そんなときに限って「昼から父兄会総会を実施します」などと戯けた案内メールが届いた。

「そんな、あんまりだ・・・」とあまりの私の落ち込みように、よほど哀れに思ったのか家内が「私が代わりに行ってくるから釣りに行けば」と言ってくれる。。。

「わーい上
子供のような喜びようだ(笑)


 朝、息子を送りその足で久々に関門へ向かいます。
 行きがけに久美丸の船長へ電話「今日、渡せる?」と聞くと、即OK!なんと一文字は貸切だそうだ。

9:30和布刈到着、早速渡してもらいます。

貸切の和布刈一文字
080706mekari.jpg

 

 釣りに行けるってだけで舞い上がってしまい、すっかり忘れていましたが、今日は南西の風でした。
ほぼ正面から風が吹き付けます。しまったなぁ。。。
まぁ、何とかなるかとそそくさと準備を始めます。

 しかし暑いなぁ~。ほんの2、3日前までじめじめしてたのにカァと陽射しが照りつける。
まずは日焼止めクリームをたっぷりと塗る事から始めた(笑)


 さて、仕掛けはいつものちぬの詩5Bを選択。
まずは、マキエを撒いて潮を確かめる。すると・・・


 なんじゃこりゃー絵文字名を入力してください

 と、思わず叫んでしまうほどのエサトリの大群。
まぁいい、夏だから当たり前かと自分を納得させ、マキエでかわそうと足元へ集中的に撒く。

 仕掛けは遠投し別の潮筋へ乗せる。追い討ちで1杯マキエを撒く。
しかし・・・沖にもいやがった。どこに仕掛けを入れてもエサトリだらけです。

 マキエを撒けば一気に茶色くなり海面が盛上るほどだ。

 流れが速くなってきたこともありウキを1.5号に替え一気に沈めるが底にもいた。
もうね、数の限界を超えてますって(TT)

 エサトリはアジ、イナ、フグ。とりわけアジが多い。
 ネリエに替えてみても、奴らはネリエも大好きですからあまり効果なし。
もうね、向かい風もきついしエサトリはハンパないし、あきらめました。私にはムリです。。。

 とうとう最後までまったくちぬの気配を感じる事が出来ずに竿をたたみました。

迎えに来る久美丸
080706kumimaru.jpg


 ジリジリする陽射しの中、道具を片付けていると和布刈神社の方からニィニィゼミの声が聞こえてきた。もうすぐ入道雲が肩を盛り上げるように青空に昇っていく姿を見るようになるのだろう。
あぁ夏だなぁ。。。

 来週からは団子にしよう。。。









 家に帰ってTVを見ていると、梅雨が明けたとのことでした。
そんなもんとっくに知ってるって。
自然を感じていればTVで聞かなくてもわかる事だからね。
ランキングにご協力を・・・
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ

テーマ:チヌ釣り - ジャンル:日記

  1. 2008/07/09(水) 16:10:10|
  2. 釣行紀
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Twitter(ツイッター)

MyAlbum

プロフィール

CHINU-FREEKER

Author:CHINU-FREEKER
関門海峡をHGにフカセ、紀州釣りで年中チヌを追いかけてます。

最近のコメント

管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

縁あって・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。