CHINU-FREEK 2ndSeason

チヌフリーク セカンドシーズン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1月16日「2匹目のチヌ」

 「あっ、はいった!」
向かい風と複雑な流れに翻弄されながらもひたすらにふらふらと流れる朱色を真剣な眼差しで見つめていた友人「K君」が一言。
 次の瞬間、ヒュンッという音とともに竿が「つの字」に曲がっている。。。
暫しのやり取りのあと海面に横たえる好敵手。。。

-----------------------------------------------------------------

 年末の休日出勤分の代休が取れたので久々の平日釣行です。

 私の場合、気ままに行動ができるので単独釣行が好きなのですが、友人のK君だけはよく誘います。
 前職での同僚で、年は私のほうが7つほど上なのですが気も合いますし同じチヌ師ってことで、会社を辞めたあとでもこうして付き合いが続いています。

 K君は自営業で土日が忙しい仕事をしているためなかなか一緒に行くことができませんので、今回の平日休みが決まった途端すぐさま電話します。

 この1年近くなかなかスケジュールが合わなかったのですが、今回は久々に一緒に行けそうです(笑)

さてどこに行こう・・・

釣自体K君は久しぶりに行きます。
何とかK君に釣ってもらいたい。もちろん私も釣りたい(笑)そういう気持ちでした。

 予報では、風は南西の風のち西の風。

 西風だったら前回行った赤間神宮前が結果も出たしいいだろう。。。
と言うことで、K君とともに一路下関へ。

 ところが、到着して見ると東の風、ほぼ正面から吹いてます。「うそつきー」と天気予報を恨んでも仕方ないのですが、もう来ちゃったし・・・と言うことで準備をはじめます。

 潮は西流れ。釣座は東向きに構えますから、風、潮ともに当たってくる。

 できるだけ流れがたるむ方にK君に入ってもらうように釣座をかまえます。
しかしだんだん風が強くなってきて、竿二本以上先へ仕掛けを入れても撒餌を打つために勺を握った時にはもう足元まで流れてきている状態です。

関門橋を見ながら・・・
20070117002019.jpg


 仕方なく本流(激流)の中に仕掛けを落とし流すことにしましたが、なかなか雰囲気が出ません。

 K君はアイナメを釣ったり、親指くらいの子メバルに遊ばれてます。。。

しかし、潮が弛んだ直後、久々の釣行で気合も入っていたK君、小さいながらもカケアガリで1尾仕留めました。

満面の笑みのK君。よかったね(笑)
20070117001949.jpg


 よーし、気配が出てきたかぁ?

 一段と気合が入る私。
しかし相変わらず潮はきつい。。。棚設定を変え、投点をずらし、撒餌は同調を心がけて手返しを続けましたが、結局その後に食わせることができませんでした。
 ボ・・です(TT)

 K君も先の1尾で終了です。
20070117002000.jpg




 単純に悪条件での対応ができていないことが敗因でした。関門において、向かい風のうえ、当て潮では私には無理です。
 (沈めるのは浮きが見えなくなるのでイヤ)

 しかし今後の課題にはしないといけないな。。。



 前回、型は出なかったけど、ココは釣れる!と思って来たんですが、「柳の下に二匹目のドジョウ」ならぬチヌはいないということか?(爆)

※「(当人は大当たりすると思っているが)実際は釣れそうにもないもの」という意味。


あらためて思う。。。
海って毎日違う顔でむかえてくれるなぁ
チヌ釣りって、本当に難しくて、おもしろい・・・

関門橋をバックに
20070117002009.jpg

K君、また一緒に行こうね。。。
スポンサーサイト

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/01/17(水) 12:41:12|
  2. 釣行紀
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

2007年1月8日(月)「魂注入のスタート」

 正月三が日は、酒が毛穴から吹き出るほど呑んでましたので、今回の三連休が初釣りです。

 しかし、どうにも天気が悪い。北西風が吹き荒れ霙混じりの雨。とてもじゃないけど釣りが出来るような天気ではありません。天気予報では西風は強いものの、3日目は晴れそうとの事、2日間は辛抱です。

 前日の夜、どこに行くか決めるため、天気予報を再度確認するとやはり西風が強いため赤間神宮前広場の石積みに行くことにします。

 AM6:00
 まだ真っ暗な中起きだしゴソゴソと準備をして、外に出ます。
 げっ。。。雨が降っていました・・・。

 しかし釣りが出来ないほどじゃないな、オキアミも解かしてるし中止はないよな。。。

 少しだけ不安になりながらも、どうしても行きたい、釣りをしたいって思いが強かったのであまり悩みませんでした。

 関門トンネルをくぐり、下関へ出ると雨は上がっています。よしよし(笑)

 AM7:30到着
 道路を挟んで赤間神宮の向かい側にある神社用駐車場へ車を入れます。

 朝の用足しに神社のトイレを借り、スッキリして出てきてふと見ると出店がある。??もう初詣は終わったはずだがな・・・

 あっ成人式か!しまったな、こんな時に神社の駐車場を使っちゃまずいよな。仕方なく車を移動させ、できるだけ邪魔にならないところに停めます。

 すったもんだしましたが7時50分、何とか釣座へ入ります。

 海を見ると濁りがはいってる。海面は風が走り潮と潮がぶつかり白く尖っています。

 しかしこれは想定の範囲内。問題は風向きだけでした。
完全に西風ですので後ろから吹いてきます。しかも釣座は2mほど丘から降りたところですからまったく影響なく竿が出せます。

 今日は初釣りってだけで気合が入っていたわけではなく、初売り特価で購入したリールBB-Xデスピナ2500Dの魂注入と言う大事な日です。
311314432_242s.jpg

だから神社前を選びました(ウソ・笑)

 浮き止めを3.5ヒロに設定、潮は速くすぐに複雑に変化してきますので高園浮き1号、タングステン水中1号、ハリスにG7のガンダマを段打ちにしてどっしりとした仕掛けにします。

 潮は相変わらず複雑そうです。見ただけではさっぱり分からない。とりあえずエサを付けて仕掛けを竿2本先へ投入します。

 デスピナの使用感は以前使っていたダイワとレバー形状が違いますが、こちらの方が仕掛けが投入しやすい。
 ダイワのはレバーが長く振り込む時どうしても違和感があったけどこれはそれがないな。うん、気に入った。後は掛けて巻くだけ(笑)

 本流は東流れのようですので素直に仕掛けは本流の方向へ払い出していきます。

 撒餌を多めに撒きながらとにかく同調させる事を優先します。

 時折、小メバルやアイナメが掛かってきます。返ってくるオキアミもさほど冷たくはない。まだまだ活性は高いはず。

 潮の変わり目です。少し緩んできたところで、浮きがゆっくり入ります。

 小さいようですが、コクンコクンと引く今年初のチヌの引きを堪能し、近くまで寄せそのまま引き抜きます。

 キープサイズあるかな~?と考えもしましたが、変化の激しい関門の海流は時合が短いため、測る時間ももったいないのでとりあえずキープ。

 案の定すぐに潮が変ります。
 本流も西流れへ変りました。こうなるとここは潮が当たってくることが多いのであまり好きではありません。

 仕方なく5mほど内側に移動し棚を2ヒロ半に詰めます
 これが功を奏します。すぐにアタリ、先ほどとほぼ同じサイズです。これもキープ。
 
 潮が当たって来た時上げるのが遅れて根掛かりしてしまいました。がっちり引っかかって抜けないのでまっすぐに引っ張ります。プッ、切れました。
 あれっ、浮きが流れてく?道糸から切れてました。慌てて浮きを回収。タングステン水中を紛失してしまいました・・・。

 気を取り直して、ハリスを張り替えます。
 
 その後同じくらいのサイズを2枚追加した後、しばらくアタリが遠のきます

 根気よく駆け上がり付近を流していたとき、仕掛けを回収しようと竿を上げたら、あれっ喰ってら!サイズは変らないかな?でもやばいなぁ、アワセてないもんなぁ・・・と思っていたら案の定、竿先が跳ね上がります。バラシちゃいました。

 13:00
 撒餌を大量に撒いていましたのでかなり少なくなってきました。
あと30分もつかなぁ?

 せめてあと1尾。もう少しいい型を釣りたいな。。。




 とうとう撒餌が底をつきました。
 オキアミを1つ鈎に付け、残ったオキアミをバッカンに移して最後の1投です。

 勺で掠るように撒餌を集めて撒きます。

 潮がゆっくり払い出します。
 底を這わすように流してますので時々道糸の出を止めて誘いをかけます。

 最後の1投ですのでシツコク流して50mほど流してます。浮きは見えませんので、少し張り気味に流して行くと道糸が走ります。今日一番の引きですが、やはり変らないかな?

14:20結局5枚で終了。
25cm、26cm、23cm、24cm、25cm
Image0111.jpg

すべてリリース。

 撒餌があればもう2~3枚は追加できたと思いますが、型がでないしもういいか!と早めの納竿となりました。

 無事にデスピナに心も宿ったし、これから私の手にしっくり馴染むまでそう時間は掛からないでしょう(笑)

幸先の良いスタートになったかな?



テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/01/08(月) 16:32:08|
  2. 釣行紀
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

平成19年 元旦

 新しい年を迎えました。今年はどんな海とチヌに出会えるのか今から楽しみです(笑)

 早いもので、このブログを立ち上げて1年が過ぎ、年間釣行回数は40回を裕に超えました。

 ブログネタのために釣りに行ってるわけではありませんが、少しずつアクセスがあがり、コメントをいただいたり、メールをいただいたりと、いろんな方とお話をさせていただくようになってきて、励みになっています。

 最初のうちは、身近な事も記事にしていましたが、最近では釣行紀のみにしています。まぁそれ以外のことは、だれも興味ないやろって理由ですが・・・

 これからも、自分なりのチヌ釣りの楽しみを書いていこうと思っています。

 また、チヌ釣りに特化した内容ではありますが、このブログを通して人と人との和を紡いでいければなぁと考えています。
お話をさせていただける方、お気軽にお声掛けくださいませ。

それでは、今年も皆さんに釣りに行ける程度の幸せが続きますように・・・

                           平成19年  元旦
  1. 2007/01/01(月) 09:23:56|
  2. 戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Twitter(ツイッター)

MyAlbum

プロフィール

CHINU-FREEKER

Author:CHINU-FREEKER
関門海峡をHGにフカセ、紀州釣りで年中チヌを追いかけてます。

最近のコメント

管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

縁あって・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。