CHINU-FREEK 2ndSeason

チヌフリーク セカンドシーズン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

11月23日(祝)「2時間ちょっとの雨の中」

 先週、先々週と週末は雨にたたられてしまってます。もっともそれでも釣りに行ってはいるのですが・・・(笑)
 やはり晴れているにこした事はない。

 さて、今週は土日と仕事で釣りに行けませんので、唯一のチャンスは23日勤労感謝の日のみ。しかし、前日の予報ではまたもや雨。悩んでいましたが、次男が行く気マンマン。
 ちょっと前にライフジャケットを買ってあげたので、着ていきたくてしょうがありません(笑)

 朝の天気予報を確認すると9時~18時は曇りの予報、という事は降ってもしれとるやろ、という事で、近場の高浜を目指します。

 高浜食肉センター前だと車も横付けできるので何かと楽だろう、という考えです。
 途中、釣具屋でアオケブを30g購入、息子には投げ釣りをさせる事にします。

 そそくさと息子の仕掛けを準備をして、放り投げます。私は今日はフカセです。買ったばかりのマルキューのバッカンにオキアミ3kg、チヌパワーV10白チヌを1袋を混ぜ合わせます。

 ポツポツと雨が落ちてました、レインウェアを着込み釣り開始。

 仕掛けは、風があり波も若干高いので3Bを選択。棚を5ヒロに設定し竿3本ほど先に仕掛けを投入します。

 どうやら東流れのようで、仕掛けが寄って来て右に流れてしまいます。浮き止めを3.5ヒロの位置に設定にして、投点を左前方竿2本先に変更します、少し寄って来て右に流れていきますので、ほぼ正面で馴染ませやや右前方で喰わせたい。
 潮を見極め撒き餌を打ち同調させる事を心掛けます。

 餌取りが寄ってきたようです、付け餌が取られ始めました。
 浮きの反応が今一鈍い。。。

 浮きをプロ山元浮きBに変更。棚を矢引き詰めます。

 付け餌が残りだしました。きたかな?

 段々雨が強くなってきました。息子に車に乗って竿先を見ているように言いつけて、ひたすら手返しを続けます。

 仕掛けの投点を少し潮上にずらし、撒き餌のタイミングを変え狙いのポイント付近での馴染みを心掛けます。

 浮きがすぅと入る、アワセ!こクンコクンとチヌ独特の引きですが、軽い。。。

 小さいな、一気に引き抜こうと思ったのですが、ふと横を見ると、息子がニコニコしながらタモを持ってまっています(笑)
仕方ないので掬わせてあげます。

うーん微妙・・・。
20061124090235.jpg

25cmあるかなぁ?取り合えずストリンガーにつないで、投げ竿を上げると毛虫。(あーふぅ)

 その後、30分ほど経った時、投げ竿の竿先がビンビンはねています、息子にアワセるよう指示して、回収。キスが釣れていました。
息子は上機嫌です(笑)

 次第に雨が強くなり、撒き餌はベシャベシャになるし仕掛けは飛ばないしで結局そのまま竿をたたみました。

 ちっちゃくても釣れてるからいいけど、この天気で釣りをしてボーズだったらへこむだろうなぁ
スポンサーサイト
  1. 2006/11/25(土) 14:51:11|
  2. 釣行紀
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

11月11日「20周年?はぁ?」

 今週の日曜日は長崎県は島原市へ出張です。
島原といえば、思い出すのは普賢岳の噴火です。もう15~16年経つのかな?
 早いものですが、当時仕事で取引のあるエリアだったので集配などでまわった覚えがあります。被害の生々しさが残っている頃でした。。。

さて、そんなことがあった島原ですが、海はきれいでとっても魅力的な半島でもあります。

出張は日、月の1泊2日の予定。
土曜日は休みですから、金曜日の夜に出発すればとっても楽しい時間が過ごせるな(笑)と思っていたのですが・・・

 会社の設立20周年祭をやるなどと言い出しまして・・・
しかも、私が世話役になってるし 「何でかっちゃ!!」

島原での釣りは諦めざるをえませんでした。。。

そして土曜日の朝、雨が降っています。。。
「良かった、諦めもついた・・・」と自分を慰めていたら。数分後には晴れ間が出てきた。

「???」

息子はソフトボールの練習が休みになり、さっさと遊びに行ってしまいます。

 一旦諦めた釣行意欲を再び蘇らせてくれます(笑)
追い討ちを掛けるように家内が「今日はどこいくん?」と聞いてきます。

「・・・そっ、そう?」

ほんじゃ、会社に行くまでのちょっとの間行きましょう(爆)
かくして向かった先は、北風を避ける為下関市は赤間神宮前です。

勝負は、3時間のみ。急がなくては・・・
 
 今日のレシピはオキアミ3kgにチヌ制覇1袋のみです。この集魚材は拡散性はそこまでありませんが、比重がやたらと重く、関門にはもってこいです。
いつもであれば、おから団子1袋混ぜる所ですが、時間が無いので良しとします。

 釣り開始です。
相変わらずの複雑かつ急流です。1分と同じ流れをしていない。
 しかし、本流は西流れ潮が巻き、当たってくる方が多い為岸際(左側)を東に流されていきます。右方向(沖側)に遠投しても、すぐに足元まで来て左側の岸を流れて東へ向かっていきます。

「それでは」と足元に落とし岸を攻めます。
丹念に何度もトレースし、撒き餌のたまる場所を探ります。

しかし、今日の海はいつも以上に荒れ気味。。。

なじみが悪いのかな?とそれまで付けていた4Bから1号へ浮きを変更し水中浮きをセットしハリスの下段にG7のガンダマを打ち、強制的に沈めます。

 すると2投目、30mほど流した所で浮きが入ります。
アワセ、さすがに関門のチヌ、サイズは大した事なさそうですが、とにかく良く引いてくれました。
上がってきたのは、何とかキープサイズの27cm
20061116004824.jpg


その後、最後の1投を3回ほど繰り返し、納竿としました。

「さて、会社に行くか」とも思ったんですが、めんどくさくなっちゃって結局サボっちゃった(爆)

こんな事なら、島原に行っときゃよかった(笑)



  1. 2006/11/16(木) 00:51:41|
  2. 釣行紀
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

11月4日(土)「不完全燃焼」

 連休の残り2日間は釣り!、と言うのも、家内は子供達を連れ友人と大分へ旅行だそうで、私はタロウ(うちの愛犬)の面倒を見なきゃならないのでお留守番・・・

 さてどこへ行こう

 めったにないチャンスです。金曜の夜から実家へ行き、糸島へ行く事にします。

糸島半島
福岡県西部に位置し玄海灘に面しさまざまな魚介類が捕れるとても海が綺麗なところです。

 朝4時に起きだし、母を起こさないように静かに出て行きます。

 勝手知ったる何とやらではありませんが、かつて若かりし日にバイクを駆り、走った道を今度は釣りに行くために車を走らせます。
 あの頃と変らず美しい海岸線です。

 糸島郡志摩町大口海岸の地磯が今回の目指すポイントです。
何度も横を通った事はありますが、釣りをするのはもちろん初めてです。

 車を停め背負子を担ぎ砂浜からゴロタを10分ほど歩き釣り座へ到着。いくら涼しくなったとはいえ額からは滝のように汗がこぼれてきます。

 一息ついて、海の様子を窺う・・・
快晴無風、穏やかな海面。遠くに水平線がはしり空の蒼と海の藍が溶け合っています。

 普段、関門で釣りをしていると常に向こう岸(下関)をすぐ近くに見ることになります。
 大きな川で釣りをしているような感じですから(激流だし・・・)水平線を見るのはとても新鮮に感じます。

 さて、釣り開始。
見るからに典型的な遠浅の地磯です。

 まずは、撒餌を入れず仕掛けを投入。仕掛けがなじむ前に道糸が走ります。
あがってきたのは、アジ。。。

「ゲッ・・・面倒くさいなぁ~」
仕方ないと言えば仕方ないのですが、一番面倒くさいエサトリです。

 潮はゆっくりと右前方へ払い出していますので、さほど遠投の必要はないと思いますので。正面竿2本ほど先へ撒き餌を投入し、やや投点をずらし潮上へ仕掛けを投入します。

 浮きが入ります。しかしあがってきたのはベラ。
仕掛けが通ったと言うことですからまぁ良しとします。

その後、底まで入ればフグが連発してきます。

 手前か?とも思い。試しに入れてみると、すぅっと浮きが入ります。
軽くコンコンコンと竿先を叩きながら上がってきたのは手のひら大のメイタです。そのままリリース。

その後手前もフグだらけとなり、再びポイントを沖めへ戻します。

潮が下がりだしましたので、一段下の岩へ移動します。
その直後、フグにハリスを切られ鈎を結び直している時、

「ざっぱーん」

・・・ほぼ頭から潮をかぶってしまいました。
穏やかなので安心しきっていましたが、大型船が沖目を通ったための波でした。

ふと周りを見ると、バッカンがない・・・

流されて、磯際で踊っています

「・・・・・」

慌てて拾うも撒餌はすべて流れてしまい、なんとも中途半端に本日釣り終了。

実に不完全燃焼、欲求不満な日となってしまいました。



 

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/11/08(水) 23:35:32|
  2. 釣行紀
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

そして連休が始まった・・・

 三連休です(笑)
 月曜日から指折り数えてやっとその時がやってきました。

 3日は、長男のソフトボールの試合に行かなければなりませんので、釣りはなし。。。
 この日も猛打爆発で7打数4安打1打点といい成績を残しました。ト-ナメントの2回戦で、最終回2点ビハインド2アウト満塁の場面で息子がセカンドフライでゲームセットとなった時はかなりがっかりしましたが、まぁ仕方ない。。。

 試合が終わり、翌日の釣りのための準備。
 何かないかと中古釣具店へ顔を出しました。最近あちこちに出来ている「タックルベリー」http://www.tackleberry.co.jp/
品数も豊富で良品の中古釣具が揃っています。竿とリールはあまり安いと感じませんが、その他は結構安いものも多いので、小物は揃えやすいように思います。

 今使っているライフジャケットがだいぶくたびれてきたので、新しいのがが欲しかったのですが良い物がありませんでした。

 しかし次男に買ってあげようと思っていたので500円の物を一つ購入(多分新品は3~4000円はする奴じゃないかな?)

 続いて浮きのコーナーへ。。。
このところ、立て続けに浮きを流してしまったり、風船チヌ(爆)を作ってしまったりとしたので補充をしておきたいと思っていました。

 私の場合、基本はBで様子を見て水深が浅ければG2まで落とします、上げてもせいぜい3Bまでの浮力しか使いません。(関門の流れが強いところでは2号まで使います)

 あれこれとあさくっていると一つだけ1000円を越えているものがある、よく見れば「プロ山元浮き」ではないか!しかも傷一つない
20061107213258.jpg

早速キープ。
続いて「高園浮き」も発見
20061107213425.jpg

これもキープ

 どちらも以前から使ってみたい浮きでしたのでまたとないチャンスです。普段は買おうと思っても、値段を考えるとなかなか手が出ない(笑)
流したら嫌なので、一緒に浮きとりパラソルも購入します(思いっきりビビッてる・爆)

よぉぉぉし、明日は釣るぞう!!


                                       to be continued
  1. 2006/11/07(火) 09:33:02|
  2. 戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Twitter(ツイッター)

MyAlbum

プロフィール

CHINU-FREEKER

Author:CHINU-FREEKER
関門海峡をHGにフカセ、紀州釣りで年中チヌを追いかけてます。

最近のコメント

管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

縁あって・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。