CHINU-FREEK 2ndSeason

チヌフリーク セカンドシーズン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

10月15日(日)「死の海」

 土曜日休日出勤⇒そのまま夜飲み会⇒翌日釣り。。。

 計算上、11時までに飲むのを止めれば、釣りに行くときの車の運転に支障はない。

 ふっふっふ。完璧だ、釣りに行く前はこうでなくてはならん(笑)

 しかし、落とし穴があった。。。電車の時間を調べてませんでした(自爆)
結局、最終に乗り遅れ仕方ないので、戻って飲み直し(ウーロン茶で・・・)

 翌日の朝帰りあわてて釣りに行く。。。

しかし、眠い。。。
どこに行こうか散々悩んだが、時間的にも体力的にも遠方は無理です

 そういえば、「釣りファン」の地磯探検隊に洞海湾が載ってたな。。。
高園名人と出会ったときも洞海湾のことは聞いていました。

よし、行って見よう!


「洞海湾」
北九州市若松区、戸畑区の間に位置し奥行きが深く、幅がひろい形状をしている。
 その昔はクルマエビ、タイの類、フグおよびカキのような豊富な漁業資源を持った豊かな海だったそうだが・・・。

 おそらく世界では、水俣市を日本で最も重大な水源汚染例として考えているだろう。しかし、昭和40年頃の洞海湾の汚染は水俣よりさらに深刻になっていた。

 恐らく洞海湾がその時代のアジアで最も汚染の深刻な海岸であったはずです

 皮肉なことに水質は漁業が存在することすらできないほど汚染されたので、水俣市の悲劇は生じなかったともいえます。

まさに「死の海」となっていた。
魚1匹いない海、周囲には悪臭が立ち込めていたそうだ。

 しかし市民運動、法律の制定もあり、洞海湾浄化作戦が取られ今日に至る。
今では、チヌ、ボラ、タイ、クルマエビなども多くみられるようになったと言います。

 ならば、実釣に行きましょうw

 私の家は、戸畑と若松を結ぶ若戸大橋の近くになりますが、ここではかなり外海に近いため、もう少し湾奥の枝光付近に行くことにします。

 現場に到着
すぐに海を見て見ます。。。
やはり濁っている。色は錆色、おそらく浮きは30cmも沈んだら見えなくなるでしょう。。。

しかし、この場所での実績も聞いていますので、急いで準備をします。

今日は久々にフカセです。
ツケエサにはオキアミのほか練り餌、それと「アミーゴ」を買ってみました。

 まずは竿二本先にポイントを決め撒餌を撒きます。水面には、イナが泳いでいるのが見えます。もうかつての「死の海」ではありません(笑)

 しかし、ツケエサには反応がありません、そのまま帰ってきます。気長に寄せることにします。

1時間ほどしてようやくツケエサがとられるようになりました。あとはここからどう引っ張り出すか・・・

「まずはエサトリの正体を確かめよう・・・」鈎を2号から1号にして、アミーゴをつけます。
今度は丸々残ってきます。「???この餌まずいんか?」
「あっでかいんか」と少し小さくして再チャレンジ。。。浮きが入る、あがってきたのは25cmほどのサバ。

その後は釣れるわ釣れるわ、サバばかり・・・。途中不意にメイタが喰ってきたが、18cm。そのままリリース。

結局、メイタはこの一枚だけでしたが、さすがに海の色を見るととても食べる気にはなれませんでしたので、釣った魚はすべてリリース。

洞海湾は間違いなく浄化されていって豊かな海を取り戻しつつあります。
しかし、まだまだ海は汚れています。これからも浄化作戦は続けていってほしい。そして未来永劫に美しい海を残していきたい。私たち釣り人も、海を汚さないようにしたいですね。。。


                                                





スポンサーサイト

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/10/16(月) 23:59:44|
  2. 釣行紀
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

10月7日「名月と高い空」

 家内が今の病を患ってもう4年が過ぎました。
 ちっとも快方へ向かわず心配していますが、本人はいたって明るく元気に振舞ってくれます。

 そのおかげで毎々週釣に行けるのですが、この連休で旅行に行っていいかと聞いてきました。
 家内は三姉妹の三女です。姉さんたちに誘われたそうで、姉妹そろって行きたいとの事。。。
止める理由も何にもないし、むしろ出来るだけゆっくりさせてあげたいと思っていましたから快くOKしました。

 さて、連休初日。。。

 長男をソフトボールに送っていき、今度は一旦帰って家内を姉の家へ次男と一緒に送っていきます。

 そう、次男はソフトを辞めたので、私が子守りをするか、どこかへ遊びに行かせとくかしかないのです。。。
次男がどこかへ遊びに行けば、家に居てあげないといけません。つまり・・・
「釣に行けん」となってしまいます。

 これは、ヒジョーに宜しくない、最悪のシナリオになってしまいます。
何とか言いくるめて、次男も一緒に釣りに行くことにしました(爆)


さて、釣りに行くにしても風が強い。。。
仕方なく、またもや苅田10号岸壁に行くことにします。

 すでに釣り人は5~6人私たち親子が入るくらいの余裕はありました。

 そそくさと息子のサビキの仕掛けを準備をして竿を渡します。
 今日も私は団子です。しかし今年はホントに釣果があがらずかなり辛い釣が続いています。

 昨年までは底を切った釣りで、団子が割れてから付け餌が飛び出し、反射食いさせるというスタイルでやっていましたが、今年から、はわせ釣りを勉強中です。

 これがなかなか難しい。はわせ幅の取り方が(いわゆる棚設定)今一よく分からない。。。
 ガンダマを打たないため、浮きの浮力設定、魚に違和感を与えないためのはわせ幅。詰めると棚ボケするし、はわすとエサがなくなるというパターンです。
 もっとも魚自体の活性も今年は低いように思えますが・・・

 さてさて、息子にサビキをさせてその横で団子というのも、棚はボケまくるし、息子の世話もせないかんしと自爆路線まっしぐら!なんですが(爆)仕方がない。。。

 今日は、全国的に強風が吹き荒れていますが、この釣り場はほんとに北風に強い。海はベタナギ、風もない
後は、一人でこれれば・・・

 案の定、息子はボラを釣りまくってます。そのたびに折れそうなくらい竿をひん曲げ持ち上げようとします。そしてはずしに行く。

「お父さんボラ釣れた(笑)」
「はいはい」

「お父さんボラ釣れた(笑)」
「はいはい」

「お父さんボラ釣れた(笑)」
「はいはい」

この繰り返し、
用意した団子材は5kg。
ほとんど使わなかった。。。

ボラに、糸を切られまくった息子が先に止めて、私はラスト30分の猛攻に出た。あっという間に団子をかたく握り。素早く手返し。

最後の最後に、何とか1枚引きずり出しました。
ちっちゃいけど。。。
20061010225839.jpg


後は、根掛りをきっかけで竿を畳みました。

 次男と2人で片付けをしながら、ふと空を見上げるとうろこ雲。

ついこの前まで入道雲がもくもくしてたのに、澄んでいてとても高い秋の空だった。

そういえば、昨日が、仲秋の名月だった。(大潮だし・笑笑笑)


夜は、犬の散歩に行って、スーパーで月見団子を買い、私と息子2人と犬1匹で、1日遅れのお月見です。。。
20061010231311.jpg

見事なお月様が見れました。

明日は、もっとつれますように・・・。
  1. 2006/10/09(月) 22:18:06|
  2. 釣行紀
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

9月26日(火)「またしても」

 久々の更新です。。。
 何故久々かというと、ボ・・だったからです。

ハッキリ言ってボ・・だと書く気がなくなります(-_-メ)
とっても面倒くさい。。。
という事で、今日まで延びてしまいました

 先週、日曜日は鹿児島出張で帰った日の翌日(つまり火曜日)に代休を頂きました。勿論釣りに行きます。
 平日ですので、子供達は学校!朝から行けるぞ!と張り切ったものの、さすがに出張から帰ってきたのが0時をまわっていた為、朝は起きれませんでした。

 頑張って、何とか6時ごろ起きだし、いそいそ準備をしてせっかくなので角島へ。。。

 前日確認の天気予報では、結構強いが風は北風。角島ならば大丈夫です。

現地到着。
しかし、どうも横から吹いてくる。西風です。
まぁ、変るんだろうと期待しながら、準備をします。

 勿論、今日の釣りも紀州釣りです。

前回、フグの猛攻にあい、おまけに雷で逃げ帰った為、今日はそのリベンジです。

・・・しかし、風向きは一向に変わらず、しかもどんどん強くなり、とても釣りなどできる状況ではありません。。。

またかよ!っといいながら、余った団子材を袋に詰めボ・・で帰りました。。。






テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/10/01(日) 23:33:25|
  2. 釣行紀
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

Twitter(ツイッター)

MyAlbum

プロフィール

CHINU-FREEKER

Author:CHINU-FREEKER
関門海峡をHGにフカセ、紀州釣りで年中チヌを追いかけてます。

最近のコメント

管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

縁あって・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。